飲酒運転は交通事故のもと

交通事故が起こる原因の一つとして飲酒運転があります。取締が強化され、一昔前に比べれば随分と減りましたが、それでも飲酒による大きな事故は未だ後を絶ちません。 お酒は多少にかかわらず、飲んだら運転をしないのが鉄則です。これくらいなら大丈夫とか近いから大丈夫という軽い気持ちで考えていると、必ず取り返しのつかない事故を引き起こします。 自損で済めばまだしも、多くの飲酒による事故は人を巻き込んでいます。何の罪もない子供を巻き込んだり怪我をさせるということは自分の将来だけでなく相手の将来、自分の身内にまで降りかかってくるということを忘れてはいけません。 今は代行なども多く存在し、お酒を飲んでも安心して帰ることのできるサービスが非常に充実しています。ですからお酒を飲んだらこれらを利用し、事故を起こさないよう配慮をする必要があるのです。 人の命を奪う権利は誰にもありません。軽い気持ちでいると明日は我が身になりかねないという事を常に念頭に置いておかなければいけません。

いざという時に頼れます

安心の火災保険について

運転中のスマホは交通事故のもと

運転中のスマホ操作が原因の交通事故が増えています。 現代社会でのSNSの普及により、常にスマホから着信音が鳴っている人も少なくありません。手元からスマホが離れない人や、離れていても常にスマホの音に過敏になり、自分がどのような状況かに関係なく鳴っているスマホに手を伸ばしてしまう習慣が付いてしまっている人もいます。運転中のよそ見運転は危険であると知っていながらスマホを操作してしまうのは、こういった日ごろの習慣から来るものなのではないでしょうか。 そして、スマホを操作している際、始めは周囲の状況に注意していても、操作を行っていると次第に目の前の小さな画面に映る画像や小さな文字に集中してしまいます。 一瞬のよそ見が思わぬ事故に繋がる可能性を秘めているのが車の運転です。 スマホの画面に集中してしまうことは、たとえそれが一瞬であっても大きな事故に繋がる危険な行為です。 運転中にスマホを操作したことがある人や、操作している人を見たことがある人は、その時どれだけの時間スマホに気を取られていたのかを思い返してみてください。